お掃除ロボット ルンバ - Webのるて

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お掃除ロボット ルンバ

スポンサーリンク
最近、身近でお掃除ロボットルンバ」を買う人が増えている。
結構便利なものらしい。

ルンバというからには、タンゴやフラメンコの舞踏形式のルンバ
なのだろうが、くるくる回りながら踊るように掃除をするから
ルンバなのだろうか?。

【iRobot 全自動掃除機 ロボット掃除機 ルンバ 780】 全自動ロボット掃除機:掃除機ルンバ:ロボットルンバ


ところで、「ワン・ゼロ」という漫画がある。作者は佐藤史生という。
おしくも、2010年4月に59歳の若さで亡くなられている。
私はこの漫画家の隠れ大ファンであり、彼女の作品は手に入る限り読むことに
している。

この「ワン・ゼロ」という作品は当時コンピュータおたくであった私には
ぴったりのストーリーで、人工知能あり、瞑想あり、密教あり、土俗の神々
あり、バラモンの神々あり。神を捜す意思を持った人工知能あり、ディーバと
アスラの戦いありと、私の好きな分野が盛りだくさんなのだが、まあ興味のある
方は読んでもらえばよい。

好きな人には、おそらくとても好きな物語。つまりマニア向きの作品だろうと思う。



とりあえず立ち読みしたい方は、コミックパークから、読めるようだ。

さて、この作品は1984年から1986年にかけて書かれたものだが、実はこの中に
お掃除ロボット」が登場するのだ。

少々解像度が悪いが、以下のようなシーンだ。

ワンゼロ


ここで、ビートルと呼ばれている「お掃除ロボット」。これはまさに
現在のルンバではないか?

1986年に書かれた物語だから、27年前だよ。
ルンバを製作したiRobot社は1990年創設だから、この物語が書かれた4年後
だ。当時、お掃除ロボットのなんらかの試作機なり、アイデアなりが発表されていたのだろうか?それとも、純粋に作者の想像力で作り上げたのだろうか?
だとしたら、天才的な想像力だ。

ここに書かれている時代設定は、1999年という設定だが、ルンバは2002年に
第1号機が発売されているから、3年ほどズレている。

今は2013年。時代が作家の想像力にやっと追いついたということか。

ロボット掃除機は、iRobot社からだけではなく、東芝(スマートロボットクリーナー)、シャープ(COCOROBO)や、韓国メーカーからも色々出ているらしいので、これから
じっくり調べようと思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nemurusyura.blog46.fc2.com/tb.php/140-ddfbf893

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。