葡萄棚を単管を使ってDIYする試み(序章) - Webのるて

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葡萄棚を単管を使ってDIYする試み(序章)

スポンサーリンク

Copyright © 2012;Day 241 - Grapes on the vine by Ben936 on Flickr

バラのアーチの次は葡萄棚をの修理だ


バラのアーチ修復が終わったところで、次は葡萄棚の修理だ。
昨年までは、そばに植えてある桜の木と桃の木の枝から、バラのアーチに単管を
這わして、無理やり葡萄の蔓を絡ませていたのだが、雪害で全て壊れてしまった。

桜の枝も桃の枝も見事に折れてしまい、修復に苦労しそうだ。

桜の枝は芽を付けている所をとりあえず花瓶に移したが、花は咲くだろうか?
桜の枝

葡萄棚の作り方をネットで捜す


ネットで調べると、色々な工夫をして自作してらっしゃる方が結構いる。
単管をバラのアーチに載せる方法は止めて、独立した単管の柱を用意して
作るのがよさそうだ。
用意するものは

柱になる単管4本


単管を繋ぐジョイント数個


横にはわす単管4本


柱を固定するための基礎用コンクリート


基礎用コンクリートは、大き目のペットボトルに流し込んで、その中に
  単管をいれて作っている方がいらっしゃった。まねできるかも。

単管で枠組みが出来た後に、上に這わす園芸用の支柱数本


ざっと見積もって1万円前後というところか。
少し頑張って見よう。イメージ的にはこんな感じ。

Backyard Grape Vine Trellis - Pipe & Wire
Copyright © 2012;Backyard Grape Vine Trellis - Pipe & Wire by Simplified Building on Flick

クロッカスが出始め、良い加減のフキノトウを発見


この家に越してきたときは、周りは山であった。周りには家は転々としかなく
とても自然環境に恵まれた土地柄だったのだが、ゼネコンさんの目のつける
ところとなり、○○タウンと名づけられて、造成、分譲が始まり、木々は次々
と切倒され、今は近くにあった森も、林も姿を消してしまった。

当時、春の大風の後森の中を散歩したときに、倒れていた楓の苗を拾ってきて
家の庭に移植しておいた。それが大きくなり、桃や桜の木は倒れても、楓の木だけは
丈夫に伸びている。

イラガの繭

今朝見ると、イラガの繭の抜け殻がついていた。
早起きのついでに庭掃除をする。

クロッカスが咲き始めた。

クロッカス

フキノトウも出てきた。

フキノトウ

この蕗は、引っ越してきたときからあるのだが、最初は赤蕗だった。
赤蕗は茎が硬くて食用にならないというので、山から青蕗を取ってきて
植えなおしたものだ。結構いける。

今夜は、フキノトウの天ぷらでも作ってみるか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nemurusyura.blog46.fc2.com/tb.php/150-99ce2850

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。