モートン・ローリゼンの音楽2(リルケの薔薇の詩) - Webのるて

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モートン・ローリゼンの音楽2(リルケの薔薇の詩)

スポンサーリンク

リルケの薔薇の詩から5つを選んで作曲


Famous Chicken Theatre - 10/28/12
Copyright © 2012 , Famous Chicken Theatre - 10/28/12 By Timmer82 on Flickr

昨日に引き続きモートン・ローリゼンを調べていたら、
モートン・ローリゼンは、リルケの薔薇の詩5つに
作曲していて、Les Chansons des Rosesという曲集に
していたことがわかった。5曲で1セットなのだ。

リルケのフランス語で書かれた薔薇の詩は24あるのだが、
その中から第4、第12、第8、第11、第5と詩を抽出して
曲を並べている。

第5番が一昨日紹介した"Dirait-on"だが、実はこの曲が1番最初に
作られたらしい。この曲の出来がよかったので作曲家はさらに4編の
詩にも曲をつけ一まとまりの合唱曲としたと言うことだ。
 (Nocturnes & other choral works:ライナーノーツから)

Nocturnes
by カエレバ



これも、youtubeで聞けて、5曲が連続して歌われます。





ちなみに、最後の曲の伴奏ピアノを弾いているのはモートン・ローリゼン本人。

忘れないために、ここに原詩と英訳と日本語訳を載せておく。

英語訳は Susannah Howeによる。
日本語訳は、白井健三郎・吉田加南子訳 リルケ全集 第5巻 詩集Ⅴ
河出書房新社 より

Les Chansons des Roses(IV) En une seule fleur(第1曲)




 (IV) En une seule fleur

--- 原詩 En une seule fleur---
C’est pourtant nous qui t’avons propose
de remplir ton calice.
Enchantee de cet artifice,
ton abondance l’avait ose.
Tu etais assez riche, pour devenir cent fois toimeme
en une seule fleur;
c’est l’etat de celui qui aime …
Mais tu n’a pas pense ailleurs.
--- 英訳 In a single flower ---

Yet it was we who offered
to fill your calyx.
Enchanted by such a scheme,
your abundance had dared to agree.
You were rich enough to become a hundred
times yourself
in a single flower;
this is how a man in love feels …
But you thought only of yourself.
--- 日本語訳 ---

だがしかしわたしたちなのだ おまえの萼(うてな)
おまえのその聖なる杯を満たしてはどうかとおまえに言ったのは
そんなわたしたちの巧みさに魅せられて
おまえのあふれんばかりの豊かさは満たすことをあえてした

おまえはゆたかに富んでいた ただひとつの花のなかで
百たびもおまえ自身となりうるほどに
それは愛するものの在(あ)りかただ……
けれど考えることをおまえはここ以外の場所でしたのではなかった


Les Chansons des Roses (XII)Contre qui, rose(第2曲)



 (XII)Contre qui, rose
--- 原詩 Contre qui, rose---
Contre qui, rose,
avez-vous adopte ces epines?
Votre joie trop fine
vous a-t-elle forcee
de devenir cette chose armee?
Mais de qui vous protege
cette arme exageree?
Combien d’ennemis vous ai-je enleves
qui ne la craignent point!
Au contraire, d’ete en automne
vous blessez les soins
qu’on vous donne.
--- 英訳 Against whom, rose---

Against whom, rose,
have you adopted these thorns?
Has your too-fragile joy
forced you
to become this armed creature?
But from whom does this
too-cruel weapon protect you?
How many enemies have I seen off for you
who fear it not at all?
And meanwhile, from summer to autumn,
you fight against the cares
lavished upon you.
--- 日本語訳 ---
だれを敵として薔薇
おまえは身におびたのか
この棘を
おまえのあまりにも細やかな喜びが
おまえに強いたのだろうか
このように
武器をおにたものになるようにと

けれど大袈裟なこの武器は
誰からおまえを守っているのか
何人の敵をおまえからわたしは
取り除いてやったことか
棘などおそれぬ敵たちを-
むしろ 夏それから秋に
おまえは反対に傷つけてしまう
おまえに与えられる気遣いを


Les Chansons des Roses (VIII)De ton reve trop plein(第3曲)



 (VIII)De ton reve trop plein

--- 原詩 De ton reve trop plein---

De ton reve trop plein,
fleur en dedans nombreuse,
mouillee comme une pleureuse,
tu te penches sur le matin.
Tes douces forces qui dorment,
dans un desir incertain,
developpent ces tendres formes
entre joues et seins.
--- 英訳 From your crowded dreams---

From your crowded dreams,
many-petalled flower,
moist as a mourner’s face,
you lean into the morning.
Your gentle strength that sleeps,
in uncertain desire,
develops these soft shapes
between cheeks and breasts.
--- 日本語訳 ---
過剰なばかりに夢で充ちていて
内部では数限りないものである花よ
泣いている女のように濡れて
おまえは朝のうえに身を屈める

つかみえぬ願いのなかで眠る
おまえのやさしくおだやかな力が
この柔らかな形をひろげている
頬と胸のあいだで


Les Chansons des Roses (XI) La rose complete(第4曲)



 (XI) La rose complete

--- 原詩 La rose complete---

J’ai une telle conscience de ton
etre, rose complete,
que mon consentement te confond
avec mon coeur en fete.
Je te respire comme si tu etais,
rose, toute la vie,
et je me sens l’ami parfait
d’une telle amie.
--- 英訳 The perfect rose---

I am so aware of your
being, perfect rose,
that my consent mistakes you
for my elated heart.
I breathe you in as if you were,
rose, all life itself,
and I feel myself the perfect lover
of such a beloved.
--- 日本語訳 ---
おまえの存在をこれほど考えているので
全き薔薇よ
わたしの同意は おまえを
わたしの喜び楽しむ陽気な心とまぜあわせてひとつにしてしまう

わたしはおまえを呼吸する あたかも
薔薇 おまえが生のすべてであるかのように
そしてわたしは感ずるのだ 自分が
このような女友達のこのうえない友であるのを


Les Chansons des Roses (V)Dirait-on(第5曲)



 (V)Dirait-on
--- 原詩 Dirait-on---
Abandon entoure d’abandon,
tendresse touchant aux tendresses…
C’est ton interieur qui sans cesse
se caresse, dirait-on;
se caresse en soi-meme,
par son prope reflet eclaire.
Ainsi tu inventes le theme
du Narcisse exauce.
--- 英訳 One would say---

Abandon enveloped by abandon,
tenderness brushing against tenderness …
within you, one would say,
all is sweet and endless caressing;
all caressing itself,
in its own limpid reflection.
Thus you invent the myth
of Narcissus fulfilled.
--- 日本語訳 ---

おのれをゆだねきったものが おのれをゆだねきったものに囲まれ
やさしい柔らかさが やさしい柔らかさにふれている.....
それはまるでおまえの内部が
たえずおのれを愛撫しているかのよう

おのれをいつくしみ愛撫しているのだ おのれのうちで
みずからの光に照らしかえされて
こうしておまえは作り出す
願いがかなえられたナルシス という主題を
                 



昨日から、改めてリルケの詩を読み返しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nemurusyura.blog46.fc2.com/tb.php/155-760254e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。