ショパンはスミレの砂糖漬けが好きだったという話。 - Webのるて

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンはスミレの砂糖漬けが好きだったという話。

スポンサーリンク
ファイル:Chopin, by Wodzinska.JPG
ショパン 1835年 マリア・ヴォジンスカ画
「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」「フレデリック・ショパン」
(最終更新 2013年5月6日 (月) 08:56)
より引用。

甘いものがたべたくなった


母の日が近いせいだろうか、ネットの広告にやたら花と
スィーツの写真が目立つ。そのせいか無性に甘いものが
食べたくなった。

コーヒーに砂糖を入れて飲みながら、5月の雨もよいの連休中に、
外出もせず、昔のスィーツ男子について書いてみよう。

ショパンは大の甘党であった


さてショパン(1810~1849)である。ピアノの詩人といわれ、
ジョルジュサンドとの恋愛と破局で有名な作曲家だが、彼は
甘党であった。

好きなものは、CHOCOLAT CHAUD”ショコラショーと称される
チョコレートと牛乳で作られるホットチョコレートである。
彼はこれにスミレの砂糖漬けを入れて毎朝飲んでいたという逸話
がある。

ニオイスミレの花は、咳止めや口内炎に効く


スミレの砂糖漬けというとあまり聞かないが、捜してみたらありました。
ちなみに、砂糖漬けのことをスィーツの世界ではクリスタリゼと
いうらしい。





砂糖漬けに使われるニオイスミレの花は、咳止めや口内炎等に
効果があるそうだ。

 ニオイスミレは、こんな小さな花。
ファイル:Viola odorata Garden 060402Aw.jpg
ニオイスミレ
「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」「ニオイスミレ」
(最終更新 2013年4月12日 (金) 06:02)
より引用。

それによると

パンジーやヴィオラに比べると、花も小さく、花付きも悪いが、
室内に置くと、一輪咲いているだけで、部屋中が馥郁たる香りに
包まれるほどの強い香りがある。 また、種子や根茎には神経毒の
ビオリン等があり、嘔吐や神経マヒを発症することがある。
ヨーロッパでは消炎剤として利用されている。


ということだ。

個人でも簡単に作れて、実際作っている方もいらっしゃるらしいが
食べるのは花と葉だけにしておいたほうが良いようだ。
ちなみに、スミレの香水は主に葉を原料として作られる。
花を使うと量が少ないので原材料費が高騰するという理由からだ。

スミレの砂糖漬け(クリスタリゼ)の作り方


ところで、砂糖漬け(クリスタリゼ)の作り方だが、

1.つんできたスミレの花や蕾を水洗いする。
2.卵白を用意して、花を卵白に浸ける。(筆で塗っても良い)
3.卵白のついた花にグラニュー糖をまぶす。
4.自然乾燥させる。

だけである。

お茶とか、ショパンの好きなチョコレートドリンクとかに入れると、
砂糖が溶けてスミレの香りが漂うという、おしゃれな飲み物である。

今度是非ためして見たい飲み物である。

ショパンはスミレが好きだった


さて、ショパンはスミレが好きだったという話がある。
ショパンがジョルジュサンドと破局した後、ロンドンからパリのアパートに戻る途中
友人に宛てた手紙に中で

「(パリの)私の応接間に匂うようにすみれ
を一束買わせてください。家に帰ったとき、
ちょっぴり詩的な気分を味わわせて下さい。
寝室に向かって通り抜けるほんの一時の
ことです。」

(1848年11月21日グジマワ宛て)
A.ヘドレイ(小松雄一郎訳)『ショパンの手紙』
白水社(1965年)p.479) より 引用。


とあるのを根拠にしているようだが、1848年当時のパリのトイレ事情を
考えると、ニオイスミレの香はトイレの芳香剤として機能したのではないかと
思えるのだが、どうだろうか。

パリが現在の形に変わったのは、1853年にナポレオン3世が都市計画
をおこなってからだから、この手紙が書かれた当時(ショパンが亡く
なる1年前)のパリはまだ悪臭ただよう薄暗い街であった。

あまりこういうことを言うと、ショパンのロマンチックな音楽に
うっとりしている御仁には、気分を害されたと言って叱られそうだが、
つい本当の事を言ってしまう中年男性の悪い性である。

実際ニオイスミレはどんな匂いがするかというと、キンモクセイの
ような、石鹸のような、トイレの芳香剤のような....
失礼。これ以上は言わないことにしよう。

美しい音楽は、美味しいスイーツから生まれる


ショパンの音楽を聴きながら、チョコレートドリンクと、スミレのクリスタリゼ
を味わおう。おそらく、こういう甘いものがなければ、この美しい音楽は生まれ
なかったのだ。
今日は、(今日も?)スイーツに感謝。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nemurusyura.blog46.fc2.com/tb.php/167-112050d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。