琉球村の泡盛(ゆしびん) - Webのるて

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琉球村の泡盛(ゆしびん)

スポンサーリンク

息子夫婦が沖縄に行ってきた。子供を2人作った後の
遅ればせながらの新婚旅行といったところだ。

結婚当時は親にも子供にも経済力が無く、仕事も忙しく
新婚旅行どころでは無かったので、3歳ともう直ぐ1歳に
なる子供と一緒に旅行ができるだけの余裕が出来たのは、
本当に良かった。

昔使っていた旅行用の大きな鞄を貸したのはよいが、直前になって
子供がダイヤルキーをいじり、こちらもキーナンバーを忘れているもの
だから、鞄が開かないとかアタフタしたものの、なんとか無事
沖縄に行って帰ってきた。

楽しげな写真を見せてもらって、思い出話を聞かされて、それだけで
十分なのだが、お土産に泡盛を頂いた。

「琉球村の泡盛」と銘打ってある。
「ゆしびん」という瓶に入っている。
フタはゴム製である。


一口飲んで。これは強い酒だということが分かる。

そろりそろりと、二口目、三口目と飲むにつれ
旨みがしみてくる。

これは有りがたい酒である。

さて本日はこのあたりで止めておこうとフタを閉め、
就寝の支度をして電気をを消した。

30分ほど過ぎただろうか?。「ポン」という軽やかな
音がした。

何だろうと明かりをつけると、先ほどフタを閉めた泡盛の
フタが飛んでいるではないか。

閉め方がゆるかったのだろうと思い、再度ふたを閉めて
また電気を消した。

すると、また10分ほどで「ポン」と音がする。
案の定、泡盛のフタが飛んでいるのだ。

これは醗酵がまだ進んでいるのか?

再度、今度は力を込めて厳重にフタをねじりこむ。
これでもかというくらい、ねじりこむ。

その晩は、それで何とか収まった。

なかなか面白い酒ではないか。

おそらく、フタが飛ぶのを楽しみながら程なく
飲み終えるだろうが、聞くところによるとこの瓶には
日本酒以外の強い酒(焼酎とか、ウォッカとか)を入れておくと
味がまろやかになるらしい。

寒い冬の夜に、「ポン」とフタが飛ぶ泡盛を楽しんでいる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nemurusyura.blog46.fc2.com/tb.php/195-0665655d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。