釧路滞在記 その2 - Webのるて

スポンサーサイト

スポンサーリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釧路滞在記 その2

スポンサーリンク

釧路湿原#10 塘路付近
Copyright © 2013;釧路湿原#10 塘路付近 by cate♪, on Flickr


釧路を観光しようと思って色々調べてみた



個人的に興味の幅が狭いのだが、やっぱり文学散歩から入ってしまうのだ。

石川啄木歌碑巡り



まず、石川啄木が76日間釧路に滞在したようなので、啄木歌碑巡りという案。

啄木22歳。血気盛んな釧路新聞の記者である。あちこちで遊び歩き
短歌もいくつか残しているが、啄木に関しては函館、小樽の方が好み
だと極個人的な嗜好からパスする。

釧路湿原とタンチョウ巡り


次に原田康子の挽歌は釧路湿原が舞台であり、湿原巡りという案が出たが
寒いしね。
釧路湿原タンチョウコース 半日プラン 【無料送迎付】 6000円+傷害保険500円 ホテル前7:30集合
とかいうのもあったが、借りている家から駅前ホテルまで7:30に向かうにはタクシーしかなく、
財布と相談の上これも断念。

思い出のマーニーの舞台を旅する



次にジブリの「思い出のマーニー」の舞台は釧路地方だとか。
浜中町にある藻撒布沼(モチリップヌマ)だとかいう話があり、

映画@思い出のマーニー - 無料写真検索fotoq
photo by so-oh

これも調べているうちに良い動画がみつかって、うっとりと眺めているうちに
何となく観光した気分になって、やっぱりあちこち歩き回るのはやめにした。





なんのこっちゃ。

原作では思い出のマーニーの舞台はイギリス



WIkipediaによると、原作者のジョーン・ゲイル・ロビンソンが舞台として
設定したのはイギリス東部のノーフォーク州(北緯53度)、北海に面した
海辺の町ということだから、北緯43度の釧路地方よりはだいぶ北になるが
海辺の湿地帯という条件は満たしている。

そういえば、今NHKでやっている「マッサン」は余市のニッカウヰスキーの
創立者だが、スコットランドの地理条件が北海道によく似ていると感動する
場面が出てくる。

イギリスには妖精や小人が居て、北海道にはコロポックルが居るし
イギリスと北海道は、どこか共通するものを持っているのかもしれない。

ついでに、ノーフォーク州の動画をみつけたので、それも張っておこう。



北海道の風景とはちょっと違うね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://nemurusyura.blog46.fc2.com/tb.php/210-c2c9752e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。